自分か感染していないか調べる

陰性でも油断しないように

手洗いうがいをすること

ウイルスに感染しないためには、外から帰ったら手洗いうがいをすることです。
適当に済まさないで、しっかり石鹸で手を洗い、うがい薬でうがいを済ませましょう。
また店内に入る時は出入り口に用意されている消毒液を使うことやマスクをして移動すること、人と距離を取ることなどが感染対策として有効です。
PCR検査の結果が陰性でも、感染するリスクはまだ残っています。

陰性で安心したかもしれませんが、その後の感染対策を怠らないでください。
自分が感染すると、家族や友人も感染させてしまいます。
感染源だと特定されると、誹謗中傷などを受けたりすることもあります。
大きなトラブルに発展するので、最初から感染しないように努力しましょう。

何度も検査をしてみる

初期の段階だと、PCR検査をしても結果が陰性になることが多いです。
不安だったら、何回か繰り返し検査を行いましょう。
また自販機で買えるPCR検査キットと専門機関で行えるPCR検査だったら、専門機関の方が高い精度を持っています。
ずっと高い熱が続いていたり、頭痛や咳などの症状が見られたりする場合は、専門機関で本格的なPCR検査を受けることをおすすめします。

ただその場合は、高額な料金が発生するので事前に調べましょう。
自宅で数回PCR検査キットを使って、陽性だと判明したら専門機関の指示に従ってください。
症状が重い人だと隔離生活を送りますし、軽症の人は自宅療養になります。
自宅療養の人は家族に移さないように、注意して生活を送りましょう。